エネルギーベストミックス研究会

エネルギーベストミックス研究会とは

 昨今のエネルギー情勢については、国際的エネルギー需給バランス・温暖化対策要請・エネルギー関連技術の進化などの構造変化が見られます。今後のエネルギーの将来像については“どのようなエネルギーの組み合わせが最適か”というエネルギーベストミックスの考え方に立ち戻って考える必要があります。

エネルギーベストミックスの論点

こうした背景に立ち、総合的かつ長期的にエネルギーベストミックスを検討する研究会を設置しました。本研究会は、国公私立大コンソーシアム・福岡の助成を受けて九州大学が開催するもので、各関係研究機関の協力、参加のもとに、東京にて研究会を開催しています。今年度の研究会は委員メンバーによる議論ですが、将来的には人材育成、情報発信を行っていきます。そのため、報告内容については、資料を公開し広く情報発信を行います。ただし、掲載された資料の無断転載及び複写はご遠慮ください。

アウトプットイメージ

1)研究会の内容

エネルギーの将来的見通しについて、次のような観点からベストミックスを検討します。
  • ① 供給安定性と価格・・・エネルギー・セキュリテイ・リスク
  • ② 今後のエネルギー需給見通し・・・エネルギー構成、経済へのインパクト
  • ③ 省エネルギー・・・民生需要の急速拡大、産業構造
  • ④ エネルギーインフラ・・・新エネルギー、省エネルギー技術導入の影響
  • ⑤ エネルギー転換技術の多様化及び供給構造変化
  • ⑥ 国際協力(地政学的懸念・資源権益・エネルギー環境協力など)

2)各回のテーマ

今年度のテーマ(予定)は以下のとおりです。

○ エネルギー需給見通しについて
○ 省エネルギーの見通しについて
○ 化石燃料のエネルギー転換について
○ エネルギーシナリオについて
○ エネルギー分野におけるリスク管理とセキュリティについて
○ 電力の課題と熱電利用について
○ 住宅分野における環境エネルギーについて
○ 輸送分野におけるエネルギーについて

3)報告資料について

◆第10回エネルギーベストミックス研究会

日 時:2010年12月20日
会 場:九州大学東京オフィス
発 表:①「アジアを中心とする輸出製油所の新増設動向と国際製品市場への影響に関する調査」(1.2MB pdf
       JX日鉱日石リサーチ(株) エネルギー技術調査第2部シニアマネージャー   曾我 正美 氏
      ②「アジア地域におけるエネルギー・環境協力に向けた我が国の役割」(2.1MB pdf
        (株)日本政策金融公庫 国際協力銀行 アジア大洋州ファイナンス部 部長  東 伸行 氏

◆第9回エネルギーベストミックス研究会

日 時:2010年12月15日
会 場:九州大学東京オフィス
発 表:①「都市ガス業界の現状と低炭素社会に向けた取組み」(3.4MB pdf
       (社) 日本ガス協会 常務理事  池島 賢治 氏
      ②「低炭素社会構築に向けた電化推進と課題」(3.2MB pdf
       東京電力(株) 販売営業本部 省エネルギー・効率利用促進グループマネージャー  小田原 寛 氏

              ②「石油業界の現状と課題について」(1.1MB pdf
        石油連盟 企画部 企画グループ長  須藤 幸郎 氏

◆第8回エネルギーベストミックス研究会

日 時:2010年10月20日
会 場:九州大学東京オフィス
発 表:①「エネルギー基本計画について」(0.5MB pdf
      経済産業省 資源エネルギー庁 需給政策室長  石崎 隆 氏
    ②「低炭素社会構築に向けた電気事業の取り組み」(4.9MB pdf
      東京電力(株) 企画部 調査グループマネージャー   穴山 悌三 氏

◆第7回エネルギーベストミックス研究会

日 時:2010年1月28日
会 場:九州大学東京オフィス
発 表:①「革新的エネルギー技術:エネルギーカスケード利用からエクセルギー再生へ」(11.6MB pdf
      東京大学 生産技術研究所 エネルギー工学連携研究センター 教授  堤 敦司 氏
    ②「エネルギーベストミックスに向けた石炭火力発電用燃料多様化技術の開発」(0.7MB pdf
      (財)電力中央研究所 エネルギー技術研究所 副所長  牧野 尚夫 氏

◆第6回エネルギーベストミックス研究会

日 時:2009年12月25日
会 場:九州大学東京オフィス
発 表:①「住宅分野(家庭部門)の環境・エネルギー対策」(2.6MB pdf
     (株)住環境計画研究所 代表取締役所長  中上 英俊 氏
    ②「自立循環型住宅のフィロソフィー」(1.9MB pdf
     (独)建築研究所 環境研究グループ長  澤地 孝男 氏

◆第5回エネルギーベストミックス研究会

日 時:2009年12月4日
会 場:九州大学東京オフィス
発 表:①「低炭素社会とエネルギーシステム」(2.7MB pdf
      東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授  松橋 隆治 氏

    ②「低炭素社会に向けたエネルギーシナリオ」
          資料1:温室効果ガス2050年80%削減のためのビジョン(1.2MB pdf

          資料2:低炭素社会実現に向けて (2.5MB pdf

          資料3:日本温室効果ガス排出量2020年25%削減目標達成に向けた

               AIMモデルによる分析結果(中間報告) (こちらからご覧ください)

      (独)国立環境研究所地球環境研究センター温暖化対策評価研究室 主任研究員 藤野 純一 氏

◆第4回エネルギーベストミックス研究会

日 時:2009年11月17日
会 場:九州大学東京オフィス
発 表:①「分散電源と電力ネットワーク」(0.9MB pdf
      横浜国立大学 大学院工学研究院 教授  大山 力 氏

    ②「次世代グリッド技術:需要サイドを中心に」(0.9MB pdf
      (財)電力中央研究所 社会経済研究所 上席研究員  浅野 浩志 氏

◆第3回エネルギーベストミックス研究会

日 時:2009年11月9日
会 場:九州大学東京オフィス
発 表:「エネルギーセキュリティ・低炭素社会の実現の観点からみた今後のエネルギー産業」(0.3MB pdf
      一橋大学大学院商学研究科 教授 橘川 武郎 氏

◆第2回エネルギーベストミックス研究会

日 時:2009年9月28日
会 場:九州大学東京オフィス
発 表:①「我が国の最近の省エネルギー動向、特に民生部門を中心として」(3.4MB pdf
      新エネルギー導入普及促進協議会 石谷 久 氏
    ②「産業部門を中心とした省エネルギーについて」(0.6MB pdf
      (財)日本エネルギー経済研究所 地球環境ユニット 佐々木 宏一 氏

◆第1回エネルギーベストミックス研究会

日 時:2009年9月3日
会 場:九州大学東京オフィス
発 表:①「長期エネルギー需給見通しについて」(1.6MB pdf
      資源エネルギー庁エネルギー政策企画室長 石崎 隆 氏
    ②「エネルギーの国際的な見通し、長期的な見通しについて」(1.4MB pdf
      (財)日本エネルギー経済研究所 主任研究員 松尾 雄司 氏