研究活動

センターの研究目標

a)炭素資源基盤学部門

  石炭等の炭素資源の基盤を構築します。地球科学、資源工学を基盤とし、地質、成分等の石炭等炭素資源の基礎科学と、環境問題解決を前提としたゼロエミッション資源循環の応用科学技術の先端研究を行います。

b)炭素資源エネルギー学部門

  石炭のガス化、液化等の有効エネルギー源への転換プロセス、それらを利用した複合発電等、石炭等の炭素資源のエネルギー変換とプロセス基盤を構築します。燃焼を中心とした機械工学、化学工学の基礎工学と先端的実用基盤研究を行います。

c)炭素資源利用学部門

  石炭等の炭素資源を、化学原料として必須な有機資源として有効利用することを目的に、CO と水素、芳香族化合物、および、コークスから高機能性炭素にいたる新機能性物質の有効利用の科学と工学を目指します。この科学技術に並行した重要なミッションとして、これらの有効利用に必要な環境保全科学技術の確立を目指します。

d)炭素資源環境社会科学部門

  石炭等化石資源の利用に際し、グローバルな環境変動を科学技術の上で予測、実地計測する基盤科学技術の構築と、データに基づく、アジア地区の環境・エネルギー変動の理解と予測に貢献します。さらには、有効な環境政策の分析により社会に適用可能な政策論の展開を図ります。

研究部門 研究テーマ事例
炭素資源基盤学部門

  • 資源生産
  • 資源環境
  • 資源科学
バイオマス、低品位炭の改質

高度炭素資源処理

バイオマスにかかる環境計測

石炭酸化発熱拳動

温暖化ガス固定と地中貯蔵

環境低負荷型資源開発
炭素資源エネルギー学部門

  • エネルギー転換
  • エネルギー利用
  • 物性計側
  • エネルギー基盤
石炭転換プロセスの熱解析

炭素繊維の省エネルギー利用

石炭の接触ガス化・液化

伝熱解析、熱環境解析

熱エネルギーの高度利用
炭素資源利用学部門

  • 炭素利用
  • 材料資源
  • 環境保全利用
  • 資源循環
炭素材料の効率的利用

石炭燃焼ガスの高度処理

無機機能材料の調整

ガスセンサの開発

新規エネルギー素子の開発
炭素資源環境社会科学部門

  • 環境経済
  • 環境予測
  • 環境政策
  • 地球経営
環境政策の数理的解析

国際環境協定の分析

経済発展と環境対応

大気環境数値解析

気候影響評価