J-SLIP JOINT STAKEHOLDER WORKSHOPS で講演を行いました

1st J-SLIP JOINT STAKEHOLDER WORKSHOPS in SRI LANKA

2016年9月5日(月)~9月6日(火)にスリランカのコロンボ市で1st J-SLIP JOINT STAKEHOLDER WORKSHOPS in SRI LANKAが開催されました。ワークショップを主催するJ-SLIP (Japan-Sri Lanka Innovation Platform) は、2015年10月の日本・スリランカ首脳会談で発表された「日・スリランカ包括的パートナーシップに関する共同宣言」を受け、科学・技術を主導とする経済発展の追求を目的に2015年12月に設置されたものです。
 
当センターからは原田達朗教授が、ワークショップの第一日目のセッション、安全な肥料と高度農業開発イノベーションクラスターで、熱電気コージェネファームシステム(Heat and power cogeneration farm systems design)についてプレゼンテーションを行いました。当日のプレゼンテーション資料を下記に掲載します。
 

講演資料

Agri-Complex in Sri Lanka 
Prof. Tatsuro Harada

 

プログラム

5-6 September, Hotel Hilton, Colombo
 
DAY ONE: 5 September 2016
09:30- Workshop 1: Safe Fertilizer and Advanced Agricultural Development Innovation Cluster
Chair: Secretary to the Ministry of Agriculture, Mr. D.M. Wijeratne
 
09:40-10:20 Presentation of Projects incubated in the above cluster: Professor Nishantha Giguruwa and Professor Tatsuro Harada
 
10:40-12:00 Stakeholder Dialogue: (i) Environmental and phenological monitoring devices development; (ii) Safe fertilizer experiments conducted in the Dry Zone and Wet Zone of Sri Lanka; (iii) Heat and power cogeneration farm systems design; (iv) Agro-photonics as a breakthrough innovation from Sri Lanka; (v) Quality assurance systems for entering the global value chain from a technology “test-bed”
 
12:00-12:10 Wrap-up by Chair
 

関連リンク

外務省 日・スリランカ包括的パートナーシップに関する共同宣言
http://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sw/lk/page3_001407.html