報告書「今後のエネルギーのベストミックスへ向けた課題と展望」を作成

―震災後のエネルギー戦略へ向けて報告書を作成―

エネルギーベストミックス研究会の九州大学のメンバーにより、エネルギーベストミックス研究会報告書「今後のエネルギーのベストミックスへ向けた課題と展望」を取りまとめましたので、ここに公表します。
 
炭素資源国際教育研究センターでは、2009 年から関係者による勉強会「エネルギーベストミックス研究会」によりエネルギー戦略について議論を重ねてきました。
東日本大震災と福島第一原子力発電所事故は、わが国のエネルギー戦略の基本方針を再度考え直すという重い命題を提供しました。研究会にとってもこの事態は、3月までの研究会の活動によりまとめつつあったエネルギーベストミックスの方向性を再点検し、「3.11 後のわが国のエネルギー戦略」の論点整理、冷静な分析と方向性の提案をおこなう契機となりました。
本報告書は、震災後に急速に必要性が認識されているエネルギーの安定供給の観点から、その論点を整理し、「今後のエネルギーベストミックスのあり方」としてまとめたものです。
 
 
報告書要旨と報告書全文は以下のページよりダウンロードできます。
 
エネルギーベストミックス研究会報告書「今後のエネルギーのベストミックスへ向けた課題と展望」
http://cr.cm.kyushu-u.ac.jp/?page_id=4980
 
 
今後は、2011年11月5日に開催予定の九州大学グローバルCOE「新炭素資源学」の公開講座等を通して、学外への成果の紹介と更なる議論を重ねていく計画です。また、本報告書が、今後のエネルギーの課題解決と展望へ向けた議論の一助となることを願っています。
 

関連リンク

エネルギーベストミックス研究会
研究会の概要と活動記録とその資料がご覧になれます。
 
九州大学プレスリリース 2011年9月20日リリース
「今後のエネルギーベストミックへ向けた課題と展望
ー震災後のエネルギー戦略へ向けて報告書を作成ー」
 
GCOE「新炭素資源学」公開講座(2011年11月05日)
~今後のエネルギーベストミックスへ向けた課題と展望~

公開講座で報告書の内容を紹介をします。
 
エネルギーベストミックス福岡セミナー(2011年3月5日)
エネルギーベストミックス講演会(2010年2月27日)
研究会では、一般市民に公開したセミナーを過去に行っています。
 

お問い合わせ

九州大学炭素資源国際教育研究センター特任教授 宇佐美 正博
電話:092-583-7615
FAX:092-583-7614
Mail:usami(a)cm.kyushu-u.ac.jp