What’s New

2018.1.31(水)-2.1(木) 日本版シュタットベルケ構築検討会が開催されました

日本版シュタットベルケ構築検討会(勉強会・シンポジウム)

2月 1日(木)に開催された九州大学エネルギーウィーク筑紫シンポジウムにあわせて、1月31日(水)に日本版シュタットベルケ構築検討会が行われました。検討会と筑紫シンポジウムでの立命館大学ラウパッハ・スミヤ ヨーク教授の講演の模様がYoutubeに公開されています。
 
主催:九州大学炭素資源国際教育研究センター
共催:一般社団法人 日本シュタットベルケネットワーク
参加者:日本シュタットベルケネットワーク関係者、自治体関係者、地域電力関係者 他
 

勉強会

日時:2018年1月31日(水)13:30~17:30
       2月 1日(木)10:00~12:00
場所:九州大学筑紫キャンパス C-Cube(総合研究棟)2階 E-ミーティングルーム
 

シンポジウム

九州大学エネルギーウィーク筑紫シンポジウム
日時:2018年2月1日(木)13:00~17:20
場所:九州大学筑紫キャンパス C-Cube(総合研究棟)1階 筑紫ホール
URL:http://cr.cm.kyushu-u.ac.jp/?p=8441
  詳しく見る»



 

第21回福岡県地域エネルギー政策研究会で講演を行いました

2018年2月6日(火)、第21回福岡県地域エネルギー政策研究会で炭素資源国際教育研究センターの原田教授が講演を行いました。
 
第21回福岡県地域エネルギー政策研究会
日時:2018年2月6日(火)13:00~17:00
場所:福岡県中小企業振興センター 2階 202会議室
URL:
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/eneken.html
 
公共施設等先進的CO2排出削減対策モデル構築事業について
ー九州 大学・春日エリアにおけるCO2排出削減モデル事業(環境省補助)ー
講演資料:



 

共進化社会システム創成拠点シンポジウムで講演を行いました

2018年1月31日(水)、共進化社会システム創成拠点主催の九州大学共進化社会システム創成拠点シンポジウムで炭素資源国際教育研究センターの原田教授が講演を行いました。
 

共進化社会システム創成拠点シンポジウム
テーマ:エネルギー脱炭素化施策が描く未来社会
 
日時:2018年1月31日(水)13:00~17:30
場所:九州大学伊都キャンパス 共進化社会システムイノベーション施設
主催:九州大学共進化社会システム創成拠点
URL:
http://coi.kyushu-u.ac.jp/topics/view/195
 
春日エリアにおけるエネルギー面的利用の取り組み
九州大学炭素資源国際教育研究センター教授 原田達朗 
講演資料:



 

2018.2.1(木) 九州大学エネルギーウィーク2018 筑紫シンポジウム

Kyushu University Energy Week 2018 Chikushi Symposium

九州大学エネルギーウィーク2018 筑紫シンポジウム

プログラム

日時:2018年2月1日(木) 13:00~17:20(会場 12:30)
場所:九州大学筑紫キャンパス 総合研究棟 C-Cube 1F 筑紫ホール
(〒816-8580 福岡県春日市春日公園6-1)
>>キャンパスマップ
 
主催:九州大学エネルギー研究教育機構
 
参加対象:一般・学生・教職員(一般からのご参加を歓迎します)
参加費:無料
言語:英語 および 日本語(同時通訳)
 
九州大学エネルギーウィーク2018 HP
http://www.congre.co.jp/q-pit2018/index.html
 

お申込み方法

九州大学エネルギーウィーク2018 HPの参加登録フォームよりお申込みください。
https://secure.congress.ne.jp/q_pit2018/regist_q_pit2018.html
 

プログラム

時間 題目・講演者
13:00-13:10 開会の辞
吉田 茂雄(応用力学研究所 教授)
13:10-14:10 講演1:
日本版シュタットベルケの誕生-その目標と社会・経済的な意義
RAUPACH SUMIYA JORG(ラウパッハ・スミヤ ヨーク)氏
(立命館大学経営学部 教授・一般社団法人日本シュタットベルケネットワーク 理事⾧)
14:10-14:15 休憩
14:15-15:15 講演2:
地域エネルギー会社による“地域活性化”と“エネルギー転換”
川又 孝太郎 氏(在ドイツ日本国大使館 参事官)
15:15-15:20 休憩
15:20-16:20 講演3:
春日公園周辺公共施設の再エネ共同利用と防災機能強化
原田 達朗(炭素資源国際教育研究センター 教授)
16:20-16:25 閉会の辞
林 潤一郎(先導物質化学研究所 所⾧・教授)
16:25-16:30 休憩
16:30-17:20 見学会:
高温プラズマ理工学研究センター QUEST


 

COI ワークショップで講演を行いました

2017年12月21日(木)、共進化社会システム創成拠点東京大学サテライト主催の COI ワークショップで炭素資源国際教育研究センターの原田教授が講演を行いました。
 

COI ワークショップ
再生可能エネルギー大量導入時の電力システムのイノベーション
 
日時:2017年12月21日(木)13:00~16:30
場所:学士会館 202号室
主催:共進化社会システム創成拠点東京大学サテライト
 
URL:
http://enesys.t.u-tokyo.ac.jp/coi/lab_information/968/
 
春日ブルーエナジーの挑戦と課題
九州大学炭素資源国際教育研究センター教授 原田達朗 
講演資料:



 

IMI Colloquiumで講演を行いました

2017年12月13日(水)、九州大学マス・フォア・インダストリ研究所主催の IMI Colloquium で炭素資源国際教育研究センターの原田教授が講演を行いました。
 
九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 12月 IMI Colloquium
日時:2017年12月13日(水)16:45-17:45
場所:九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 ウエスト1号館 D棟 4階
IMIオーディトリアム(W1-D-413)(円形階段教室)
 
URL:
開催案内
https://www.imi.kyushu-u.ac.jp/seminars/view/2206
開催報告
http://www.imi.kyushu-u.ac.jp/news/view/1046

 
電力自由化に貢献するシステム
System for Contributing to the Liberalization of Electricity Servicce
九州大学炭素資源国際教育研究センター教授 原田達朗 
講演資料:



 

2018.1.24(水)-1.26(金) IRCCS-JST CREST Joint Symposium

IRCCS-JST CREST Joint Symposium
“Chemical Sciences facing difficult challenges”

IRCCS-JST CREST Joint Symposium

Poster

IRCCS The 1st International Symposium
Jan. 24th-25h
The 2nd Base Metal Catalysis Symposium
Jan. 25th-26th
Date

Jan. 24th (Wed) – 26th (Fri), 2018

Venue

Chikushi Campus, Kyushu University
6-1 Kasuga-koen, Kasuga, Fukuoka 816-8580, Japan

Supported by

Integrated Research Consortium on Chemical Sciences (IRCCS)
Japan Science and Technology Agency (JST)
Institute for Materials Chemistry and Engineering, Kyushu University
Research and Education Center for Advanced Energy Materials, Devices, and Systems, Kyushu University
Research and Education Center of Carbon Resources, Kyushu University
 
Please refer to Joint Symposium web site for details.
http://irccs-crest.cm.kyushu-u.ac.jp/
 

Contact
IRCCS The 1st International Symposium

Prof. Kazunari Yoshizawa
Institute for Materials Chemistry and Engineering, Kyushu University
E-mail: kazunari(at)ms.ifoc.kyushu-u.ac.jp
Phone: +81-92-802-2529

The 2nd Base Metal Catalysis Symposium

Prof. Hideo Nagashima
Institute for Materials Chemistry and Engineering, Kyushu University
E-mail: nagasima(at)cm.kyushu-u.ac.jp
Phone&Fax: +81-92-583-7819

Secretary office

E-mail: irccs-crest(at)cm.kyushu-u.ac.jp
Phone&Fax: +81-92-583-7839



 

2017.11.29(水) 2017 グリーンアジア国際セミナー

2017 グリーンアジア国際セミナー

International Forum for Green Asia 2017

Organized by

Green Asia Education Center, Kyushu University

Co‐Organized by

Interdisciplinary Graduate School of Engineering Sciences (IGSES), Kyushu University
Research and Education Center for Advanced Energy Materials, Devises, and Systems, Kyushu University
Research and Education Center of Carbon Resources, Kyushu University

DATE:

November 29 (Wed), 2017

VENUE:

C‐Cube (1F) Chikushi Hall,Chikushi Campus,Kyushu University

Related Symposium

Cross Straits Symposium on Energy and Environmental Science and Technology (CSS‐EEST) 2017
November 29 (Wed) 15:00 – December 1 (Fri)
at C‐Cube (1F) Chikushi Hall, Chikushi Campus, Kyushu University
 
Please see GA web site for more information.
http://www.tj.kyushu-u.ac.jp/leading/pdf/GAforum17_1014.pdf



 

温室効果ガス排出削減に係る連携と協力に関する包括協定締結式が行われました

平成29年10月20日(金)、九州大学、福岡県および春日市との間で「温室効果ガス排出削減に係る連携と協力に関する包括協定」の協定締結式が行われました。九州大学筑紫キャンパスと春日市内の複数の公共施設に、太陽光発電設備、蓄電池を分散設置し、これらを自営線でつなぎ、エリアエネルギーマネージメントを行うことで、エネルギーの効率的利用による温室効果ガス排出削減、電力コストの抑制及び災害時における防災機能の強化に取り組みます。
 
協定締結式では、小川洋福岡県知事、井上澄和春日市長、久保千春九州大学総長による協定書署名と、若山正人九州大学理事による事業概要の説明が行われました。
 
日時:平成29年10月20日(金)13:30~14:00
場所:福岡県庁8階 特別会議室

協定締結式の様子

 
 
九州大学ホームページ
福岡県、春日市との間で「温室効果ガス排出削減に係る連携と協力に関する包括協定」を締結
http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/topics/view/1261
 
九州大学プレスリリース(平成29年10月13日)
http://www.kyushu-u.ac.jp/f/31564/17_10_13.pdf
 
福岡県ホームページ
福岡県、春日市、国立大学法人九州大学との温室効果ガス排出削減に係る連携と協力に関する包括協定締結式
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/171020teiketsushiki-sansyakyoutei.html
 
福岡県・春日市・国立大学法人九州大学によるエネルギー面的利用の取組み及び温室効果ガス排出削減に係る包括協定の締結について
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/press-release/ene-kyoteiteiketsu.html
 
春日市ホームページ
福岡県および国立大学法人九州大学と包括協定を締結(平成29年10月24日)
http://www.city.kasuga.fukuoka.jp/siseijoho/sityou/action.html



 

竹田市エネルギー戦略アドバイザーに就任しました

炭素センターの原田達朗教授が、大分県竹田市のエネルギー戦略アドバイザーに就任しました。
また、竹田市分散型エネルギーインフラプロジェクトマスタープラン策定委員会の委員長に就任しました。
2017年10月16日に同委員会の第1回委員会が開催されています。
 
詳細は竹田市のホームページをご覧ください。
 
竹田市 写真ニュース
小さな自治体の大きな挑戦~持続可能な循環型社会を目指し、「分散型エネルギーインフラプロジェクト事業」始動
https://www.city.taketa.oita.jp/photo_news/?id=1804



 

農水省事業の一環で青果物の海外輸送実証試験(伊万里-香港)を行いました

青果物の海外輸送実証試験

青果物の海外輸送実証試験

2017年9月、農林水産省 革新的技術開発・緊急展開事業(うち地域戦略プロジェクト)<平成28~30年度>の一環で、青果物の海外輸送実証試験(伊万里-香港)を行いました。アジア地域へ日本の青果物を国内トラック並みのコストで輸出することを目標としたものです。
炭素センターは、本事業で長期鮮度保持に資するガス成分制御及び機能性輸送ケースに係る研究を担当しています。



 

2017.10.11(水) エコテクノ2017 第17回九州低炭素システム研究会

九州経済産業局と九州大学及び日本エネルギー学会西部支部では、九州最大の環境・エネルギー専門見本市「エコテクノ2017」において、第17回目となる九州低炭素システム研究会を開催します。本セミナーでは、2017年3月に実証実験がスタートした「大崎クールジェンプロジェクト」や褐炭を有効利用した水素製造、液化水素の輸送・貯蔵、利用からなる「未利用褐炭由来水素大規模海上輸送サプライチェーン構築実証事業」等の最新情報を紹介します。
石炭の高度利用に関心のある方など、多数の皆様のご参加をお待ちしております。

 

エコテクノ2017 第17回低炭素システム研究会

プログラム&Fax申込書

 
日時:平成29年10月11日(水)14:00-17:20 意見交換会17:40-19:00
場所:西日本総合展示場3階 303・304会議室
(北九州市小倉北区浅野3-8-1 小倉駅北口から徒歩5分)
 
主催:経済産業省九州経済産業局、九州大学炭素資源国際教育研究センター、一般社団法人日本エネルギー学会西部支部
 
定員:70名(定員に達し次第締切)
参加費:セミナーは無料、交流会は3,000円/人
 
詳細は経済産業省九州経済産業局のHPをご覧ください。
http://www.kyushu.meti.go.jp/press/1709/170920_1.html
 
参加申込み:エコテクノ2017のHP、セミナー参加フォームよりお申込みください。
http://www.eco-t.net/
もしくは、FAX申込書によりに10/5(木)までにお申込み下さい
FAX番号:092-482-5397 九州経済産業局鉱害課CCT推進担当行き
  詳しく見る»



 

自治体による地域エネルギー事業設立を支援する団体が立ち上げられました

自治体による地域エネルギー事業の設立・運営を支援、地域活性化を目的に「一般社団法人日本シュタットベルケネットワーク」が、全国の自治体などの参加によりに立ち上げられました。九州大学炭素資源国際教育研究センターからは原田達朗教授がネットワークのメンバーの一人として参加しています。2017年9月6日に行われた設立発表会の様子が、TV、Web等で報道されました。
 
NHK NEWS WEB(2017年9月7日)
「地域の再生エネルギー電力会社設立支援 自治体などが団体設立」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170907/k10011129691000.html
 
Sankei Biz(2017年9月7日)
「ドイツのエネルギー事業に学び“日本版シュタットベルケ”を設立  事業体の設立などを支援、地域活性化の貢献目指す」
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170907/prl1709071043040-n1.htm
 
報道発表資料
https://www.atpress.ne.jp/news/137278
 
日経テクノロジー online(2017年9月8日)
「日本版シュタットベルケ」を目指せ!産官学で団体設立」
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/090809110/?rt=nocnt



 

2017 Energy Policy for Bridging and Communication Forumで講演を行いました

2017年8月25日(金)、台湾の国立エネルギー研究プログラムの主催により行われた2017 Energy Policy for Bridging and Communication Forumで、炭素資源国際教育研究センターの原田達朗教授が「Local Energy Management Systems (LEMS) for Local Consumption of Renewable Energy with the Cooperation of Public Facilities」の題目で講演を行いました。
 
2017 Energy Policy for Bridging and Communication Forum
日時: 2017年8月25日(金)
場所: NTUH International Convention Center(台北市)
主催: National Energy Program-Phase II Energy Policy Bridging and Communication Division
 
「Local Energy Management Systems (LEMS) for Local Consumption of Renewable Energy with the Cooperation of Public Facilities」
九州大学炭素資源国際教育研究センター 原田達朗、内保光太郎
講演資料 



 

金沢生産森林組合創立60周年記念式典で講演を行いました

2017年7月30日(日)、金沢生産森林組合の創立60周年記念式典で、炭素資源国際教育研究センターの原田達朗教授が「エネルギー業界の今後の展望」の題目で講演を行いました。
 

講演の様子

金沢生産森林組合創立60周年記念式典
日時: 2017年7月30日(日)
場所: 花泉総合福祉センター(岩手県一関市)
 
「エネルギー業界の今後の展望」
九州大学炭素資源国際教育研究センター 原田達朗
講演資料 



 

第26回ふるさと創成の会で講演を行いました

2017年7月18日(火)、一般社団法人ふるさと創成の会主催により開催された第26回ふるさと創成の会7月例会で、炭素資源国際教育研究センターの原田達朗教授が、「日本が抱える流通の課題「農産物と電力」」の題目で講演を行いました。
 
第26回ふるさと創成の会 7月例会
日時: 2017年7月18日(火)18:10~20:20
場所: 「JR博多シティ」10階大会議室
主催: 一般社団法人ふるさと創成の会
http://furusato-sousei.jp/reikai.html
 
「日本が抱える流通の課題「農産物と電力」」
九州大学炭素資源国際教育研究センター 原田達朗 教授
講演資料 



 

炭素資源学特論III, IV(臨時開講科目)の開講について

平成29年度の総合理工学府の臨時開講科目として、「炭素資源学特論III」「炭素資源学特論IV」を集中講義方式で開講します。受講希望者は、受講申込書に必要事項を記入し、e-mailで申込み下さい。
対象:大学院生

(学外の方で受講希望の方は人材育成推進室までお問い合わせください。)

 

炭素資源学特論III

石炭の高度利用技術:ガス化改質法による高度利用

第1日目:2017年9月1日(金)13:00~17:15
第2日目:2017年9月7日(木)10:00~17:15
講義室:筑紫キャンパス総理工第3講義室
講義内容、シラバス:
http://cr.cm.kyushu-u.ac.jp/?page_id=8270
炭素資源学特論III受講申込書 (8/29(火)まで)
講義室地図:

 

炭素資源学特論IV

石炭の高度利用技術:含有成分の高度利用

第1日目:2017年9月15日(金)10:00~17:15
第2日目:2017年9月29日(金)13:00~17:15
講義室:筑紫キャンパス総理工第3講義室
講義内容、シラバス:
http://cr.cm.kyushu-u.ac.jp/?page_id=8272
炭素資源学特論IV受講申込書 (9/12(火)まで)

 

 

受講申込先、お問い合わせ

炭素資源国際教育研究センター人材育成推進室
coal-jimu(a)cm.kyushu-u.ac.jp
Tel:092-583-7634
担当 清水



 

2017.5.13(土) 九州大学筑紫地区オープンキャンパス

2017.5.13(土)は、筑紫地区のオープンキャンパス。地域の皆さま、学生の皆さんにキャンパスを開放し、最先端の研究施設や大学での教育や研究を体験していただける機会です。炭素資源国際教育研究センターでは「石炭をもっと知ろう!」をテーマに総理工E棟2階のセンター展示室を開放します。センター関連研究室でもさまざまな企画を用意しています。ぜひ、ご来場ください。
 
日 時:2017年5月13日(土)10:00~17:00
場 所:九州大学筑紫キャンパス
 
筑紫地区オープンキャンパスWeb Site
http://www.tj.kyushu-u.ac.jp/ja/society_connection/open_campus.php
 
尹・宮脇研「炭素が世界を救う! ~さまざまな炭素材料を触ってみよう~」「活性炭で色が消える!?」
永島研「化学であそぼう」
林研「バイオマスって何だろう!?」
竹村研「大気汚染が気候を変える?」
炭素センター「石炭をもっと知ろう!」
など
 

関連リンク

センター展示室のご紹介
http://cr.cm.kyushu-u.ac.jp/?page_id=74
 
筑紫地区オープンキャンパス
http://www.tj.kyushu-u.ac.jp/ja/society_connection/open_campus.php
 
九州大学開学記念行事
http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/events/view/237



 

環境省のプロジェクトの一環でドイツの自治体を訪問しました

2017年4月、環境省の日独自治体連携事業の一環でドイツ自治体を訪問しました。炭素センターからはドイツ訪問団の一員として原田達朗教授が参加しました。ドイツ自治体の低炭素社会に向けた取り組みや、ドイツの地域エネルギー・インフラ事業体であるシュタットベルケの調査を行いまいた。オスナブルック市のHPに市長表敬訪問の様子が取り上げられています。
 
Oberbürgermeister Wolfgang Griesert empfängt japanische Delegation aus Odawara
https://www.osnabrueck.de/start/aktuelles/news/oberbuergermeister-wolfgang-griesert-empfaengt-japanische-delegation-aus-odawara.html



 

日独自治体エネルギー会議INみやまに参加しました

2017年2月6日、7日みやま市において、環境省平成28年度日独自治体連携プロジェクトの一環として日独自治体エネルギー会議INみやまが開催されました。炭素資源国際教育研究センターからは原田教授が有識者として参加しました。
 
日独自治体関係者会議
主催:環境省(共催 みやま市) 
日時:2017年2月6日(月)12:30~17:30
場所:まいピア高田 研修室
 
市民フォーラム
主催:環境省(共催 みやま市) 
日時:2017年2月7日(火)9:00~11:55
場所:まいピア高田(大ホール)
 
講演資料 
エネルギー地産地消とエネルギーマネジメントを自治体広域連携で進める意義 
九州大学 炭素資源国際教育研究センター 原田達朗
 
日独自治体エネルギー会議INみやまのプログラムへリンク
http://www.city.miyama.lg.jp/file/temp/6926342.pdf
 
 
独関係者招き意見交換 – NHK 福岡 NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20170207/3569731.html